TOEICの勉強法を理解して勉強時間を半分に!

TOEICの勉強法は英語の勉強法に近いのですが、TOEICというテスト形式ですので、ちょっとしたコツを勉強法に取り入れることで格段にスコアは伸びます。

まず、TOEICはマークシート方式をとるテスト形式ですから、ある程度の目星が付けられれば、それだけで正解率は上がります。

そのためにも、完全に理解していなくても、単語がわかるようにしておけば、正答率が上がるはずです。まずは重点的に単語を覚えておきましょう。

単語学習はリーディングセクションでハイスコアをマークするために必要な勉強法になります。

また、TOEICはリスニングのテスト形式もあり、これがかなり英語に慣れていない人には難関となります。ですから勉強法に英語を聞くというものを取り入れなければいけません。

語彙力と発音を聞き取る能力が確実にTOEICの正否を分けます。ですから、勉強法としては、文法ももちろんですが、単語を覚えて、発音を聞き取る、その能力が必要になります。

この二つのことを重点的に勉強法に取り入れておくことが、TOEICのハイスコアマークのポイントになります。

TOEICののスコアアップが人生の地図を変える

TOEICの点数が高ければ、仕事で海外出張のチャンスが生まれるかもしれません。

英語ができれば、仕事の幅が広がります。

急な電話の対応や、英語を話さなければいけない状況、簡単な書類やネットでのリサーチでも構いません。

あなたの重要性が高くなれば、昇給、昇進のチャンスも大きくなります。

収入増えたり、会社での重要度が上がれば家族を喜ばせることもできるし
同僚に大きな顔もできます。

英語ができないと、できる人に劣等感を持ったり、嫉妬したり、英語が必要な状況でおどおどしてしまうと惨めな負け犬になった気がします。

TOEICのスコアを上げれば、あなたに余裕と自信が生まれます。

600点、700点とれればあなたに自信が生まれて、英語が必要な状況で
話してみよう、やってみよう、と考えられるようになります。

勉強法を理解するメリット

TOEICの勉強法とは簡単に言えばテスト対策。

英会話をマスターすることではありませんし、学校のテストで高い点数を取る事でも受験に受かる事でもありません。

どちらかといえばマラソンや基礎体力をつけるトレーニングというよりも、瞬発的に結果を出すテクニックを身につけるイメージの方が近いと思います。

「英語」と聞くだけでイヤになってしまうかもしれませんが、比較的短期間で結果を出すことができる勉強法があるテストだと思えば、モチベーションを保ち易くなります。

勉強法を知らないままTOEICに望むと、ほとんどの場合途中で挫折します。

学生時代の英語のテストを思い出してもらうとわかりやすいと思いますが、仕事や家族、プライベートや趣味など忙しい中で英語の勉強時間をとり続けることは物理的に不可能な時代に私達は生きています。

時間が無い中で効率的にスコアを上げていく方法についてはレポートやメールで詳しく説明していきます。

今までの勉強法は通用しません

まず、ここであなたに覚えておいて欲しいことは、今まで私達が日本の教育で受けてきたような英語学習の方法をいくら続けてもTOEICのスコアを効率的に伸ばす事はできないということです。

その理由は、日本の英語教育が「文法」と「単語」を主軸とした教育に対してTOEICはコミュニケーション能力を計るテスト。

日常生活の中の会話の「聞き取り」や「読み取り」の能力を主軸とするテストだからです。

使う食材がが同じでも、調理方法が変わるとフレンチにも和食にもイタリアンにも変わります。

文法も単語も長文もリスニングも、学校のテスト、受験、英検、そしてTOEICに合わせてそれぞれ効率的な勉強法があり、それに合わせる事で最短の時間で効率よく望むスコアまでたどり着くことができます。